沖縄でウコンはうっちんと言います!サプリの酒豪伝説が人気

この記事は約 6 分で読めます。

今や「ウコン」と言えば、お酒の二日酔いに効く救世主として、多くの方に広く知られ、人気の高い食材の一つとなっています。

寒さに弱いため、生産できる場所は、日本では沖縄県と鹿児島県のみ。

そのため、沖縄では昔から、肝機能を強化してくれる良薬として、お茶や料理に利用していました。

そんな沖縄県民に馴染み深いウコンについて、詳しくまとめました。

スポンサーリンク

沖縄のウコン

ウコンとは

ウコンのことを方言で「うっちん」と言い、泡盛と割って「うっちん割り」にして飲むのも人気です。

「さんぴん茶」も有名ですが、「うっちん茶」も同じようにティーパックやペットボトルで販売されていて、スーパーなどで簡単に手に入れることができます。

しかし似て非なるものとはこのこと。その味はかなりクセが強いんです。。。私は一口も飲めません。(泣)良薬口に苦しですね。

ウコンは英語でターメリックと言います。ターメリックと言えば、そう、カレーです。あの色の着色に使われているんですね。つまり、ウコンの黄色とカレーの黄色、どちらも同じ原料です。

なので、二日酔いにカレーを食べることは、ウコンを摂取していることと同じなので効果的です。ウコンが苦手な方はこっちの方が良さそうですね。

ウコンには、春ウコン・秋ウコン・紫ウコンの3種類ありますが、肝機能の強化を期待できるのは秋ウコンです。「クルクミン」という成分が豊富に含まれています。

お茶、錠剤、ドリンク剤、粉末とさまざまなウコンが売られていますが、二日酔いの予防を期待するなら、必ず「秋ウコン」かどうか確認してくださいね。

私は、うっちん茶が飲めないので、ウコン全般を遠ざけて生きてきたのですが、二日酔いでどうしようもなかった時に、藁にもすがる思いでコンビニで「ウコンの力」を買って飲んでみたところ、嘘みたいに効きました。

そして、意外と飲みやすい、いや、むしろ美味しい。やっと二日酔いの苦しみから開放された私は感謝でいっぱいでした。

そんな訳で、現在の私は「ウコンの力」一筋です。

しかし、色々と調べてみると、アンチ「ウコンの力」の方もたくさんいるようですね。

ウコンの力にはクルクミンが30mg入っていますが、体内に吸収されない、効き目がない、効くと言っている人はただの気のせいだ、など散々な言われようです。

水に溶けにくいのですが、油には溶けやすいので、摂取方法は「カレー」が一番オススメとのこと。

しかし、私自身の体験を信じるとしたら、「ウコンの力」も効くんですけどね。。。二日酔いではカレーを食べる気力も体力もありませんし、クイっと手早く飲めて即効性があるので、今後もそれは変えられなさそうです。
 

スポンサーリンク

摂取時の注意点

肝臓に良いと言われているウコンですが、ここで注意点が一つ。

摂り過ぎてしまうと、今度は肝臓に負担がかかります。

良かれと思って毎日ガンガン飲んでしまうと、逆に消化器官が悪くなったり、胃壁が荒れてしまったりします。

また、鉄分も多いので、鉄分摂取の制限をしている方も控えたほうが良いです。
 

粉末で1日1.5g~3gが適量ですので、過剰摂取には気をつけて摂ってくださいね。

しかし、裏を返せばそれだけ体に強い影響があるということ。適量を守ればより良い効果が得られることを示しています。

ウコンのサプリ

また、沖縄では「琉球酒豪伝説」というウコンのサプリメントがメジャーです。

これは、琉球大学と沖縄県保健食品共同開発組合が共同で開発した沖縄産のサプリで、コンビニやドラッグストアで買えるところもありますが、ネット通販でも手に入れることができます。沖縄では居酒屋にも置いてあったりします。

このネーミングにもインパクトがありますよね。酒豪が飲んでも大丈夫だったいう伝説を持っているのでしょうか。

1包あたり100円前後で、中には小さめの錠剤が15粒。これを水と一緒に飲みます。お酒と一緒に飲むこともできます。また、1日の目安は2包までです。
 

Amazonのレビューを見ると、その効果は歴然。

「助かった」「市販されている中で一番効く」「次の日のスッキリさが違う」「色々飲み試してこれに行きついた」「二日酔いとは無縁になった」などなど。

ただし、調子に乗って何時間も飲んだ時はまったく効かなかったという声も。一定量以上には効かないようなので、やはり飲み過ぎには注意したほうが良さそうですね。酒豪すぎると危険です。
 

また、飲むタイミングは、お酒を飲む前、お酒と一緒、お酒を飲んだ後、どちらでも問題ありません。

この中で、一番効果的なのは、「お酒を飲む前」。これは、空腹時だとそのまま体に吸収しやすいからです。ただし、あまり早すぎても良くないので、お酒を飲む直前が良いでしょう。

まとめ

沖縄では昔から馴染みのあるウコン。

飲酒の機会が多い文化と見事にマッチしたからなのかもしれませんね。
 

摂取する方法はさまざまで、ドリンク剤やサプリもありますが、油と一緒が良いのでカレーが効果的。

そして摂取するタイミングはお酒を飲む直前がベストです。

二日酔いを軽くしてくれる効果が期待できますので、飲み会が多い時期や、次の日の苦しみに悩んでいる方は、ぜひ取り入れてみてください。

  
この記事をチェックした人はこんな記事もチェックしています。
・「沖縄のさんぴん茶とジャスミン茶の違いは?なぜ普及しているの?