宮古島の概要をご紹介!人口や平均寿命に戦後の歴史など

実はあまりよく知られていない宮古島の概要について、人口や平均寿命、そして先の大戦後の歴史などをまとめています。

check 宮古島市の合併前の市町村名は?住所を見ればすぐに分かる

check 宮古島の治安は悪いのか?事件や事故の数を全国と比較検証

おすすめ 宮古島も戦場になったのか?離島での苦しい状況を詳しく調査

宮古島市の人口

宮古島市の人口は約51,000人です。意外と多いですよね。この事実を他都道府県の方に話すと「えっ!?」とびっくりされます。

やはり、「島」というだけあって、人口が少ないイメージを持たれるのですが、実は結構大きな街なんです。

しかし、少しずつではありますが、年々減少傾向にあるのも事実。寂しい限りですね。かくいう私もそのうちの1人なのですが・・・。

私が通っていた高校は、生徒数も1,000人超えの規模だったのですが、現在(平成29年度)は800人までに減っています。

そして、全人口の約7.5割が市街地に集中していることも特徴的。市街地を離れると途端に過疎化が進んでいます。

男女別にすると、男性25,000人・女性26,000人。男性が若干少なめですが、ちょうど同じくらいの比率になっています。

また、年齢別にすると以下の通り。

0代 5,655人
10代 5,049人
20代 3,167人
30代 6,260人
40代 5,983人
50代 7,753人
60代 7,390人
70代 4,600人
80代 3,946人
90代 935人
100歳以上 31人

20代がグンと少ないですよね。

その理由は、宮古島には高校までしかないから。大学や専門学校等はありません。

高校を卒業すると、結婚や就職をしない限り、島外へ行く必要があります。つまり、18〜19歳でほとんどが親元から離れて生活していくことになるんですね。

しかし、大学を卒業後、ほどなくして戻ってくる方が多いため、30代では盛り返しています。

一番多い世代は50〜60代。第一次ベビーブームに生まれた団塊世代の方たちですね。

そして、高齢者と位置付けられる65歳以上が約12,600人。全体の約25%近くを占めています。

4人に1人が高齢者という、超高齢社会です。

宮古島市の平均寿命

続いて、平均寿命ですが、宮古島市は男性78.0歳、女性86.2歳。

一見寿命が長いように感じますが、これはなんと沖縄県内でワースト1位と2位なんです。。。

いくら沖縄が長寿の県だとしても、これは見過ごせないゆゆしき事態ですね。

原因として思い当たるのはお酒文化と、車社会です。

沖縄の長生きの秘訣として、少ないストレス、温暖な気候、食文化、戦後の米国式医療等が挙げられます。

しかし、それに対して過度のアルコール摂取、運動不足が優っていれば、意味がありませんよね。

宮古島ではそれが如実で、周りに身を任せていると、週に何度も飲み会が開催されますし、どこへ行くにも車を利用します。

強く自分を律しないと、不健康極まりませんよね。

私が東京に出て来てまず驚いたことは、歩く機会が多いこと。

家から駅まで、乗り換え時、駅から目的地まで、まぁ毎日毎日歩きます。

何度お気に入りの靴をダメにしたことか。。。

飲み会も終電前にはパッとお開きになります。そうじゃないと家に帰れませんからね。

こう考えると、実は電車のある生活が健康的なのかもしれませんね。これでストレスがなければ最高なのですが。

(参考:平成28年度版「統計みやこじま」、平成22年 厚生労働省「市町村別生命表」)

戦後の歴史について

話はガラリと変わりますが、今の宮古島につながる、第二次世界大戦後の生活はどのようなものだったのでしょうか。

戦争が終わってから、1945年〜1972年までの27年間、宮古島を含む沖縄県はアメリカ合衆国に統治されていました。

その生活はドルを使用し、交通は右側通行、沖縄以外に出る時はパスポートが必要でした。

日本に返還された後に生まれ育った私は、その時代を生きていません。

ドル生活だったなんて聞くと、さぞかしアメリカ文化に影響されていたのかなと思い、実際に親世代に当時の様子を聞いてみたところ、特に「アメリカに支配されている」といった感覚はなかったようです。

その背景は、教育基本法に「日本国民としての教育を行う」と定められ、公用語も英語に切り替えられることなく、ラジオやテレビもすべて日本語だったからだと思われます。

そもそも、日常会話なんて日本語でも英語でもなく、はなっから方言のみですしね。(笑)

沖縄本島は米軍基地が置かれ、米軍とフェンスを挟んだ隣同士で数十年も過ごしてきたため、良くも悪くもその影響を強く受けていますが、宮古島には米軍基地がなかったため、その感覚は比較的薄かったと見受けられます。

このカテゴリーでは他にも、もっと深く宮古島のことを知ることができる情報を集め、まとめています。

また、宮古島で車を走らせれば否が応でも遭遇してしまう(笑)あの人気キャラクター「宮古島まもる君」についても触れていますので、ぜひ一度、目を通してみてくださいね。

「宮古島の概要」一覧

宮古島の概要

宮古島には伝説がたくさん!下地の通り池から狩俣の平家落人まで

宮古島には伝説や神話、昔話などが多く残っていることをご存知でしょうか。 ここでは、地元の方にも人気で有名な話をいくつかご紹介していきます。 通り池 宮古島から橋を渡った隣にある伊良部島(下地島)。 そこに「通...
2019.06.23
宮古島の概要

宮古島では靴とサンダルどっちがいいの?おすすめはクロックス

宮古島で旅行をする時に、気になることの一つが足元。 靴で行っていいのか、サンダルでいいのか迷いますよね。 特にお正月シーズンとかは意外と寒いので、注意が必要です。 ここでは、気になる足元の件について詳しくまとめまし...
2019.06.23
宮古島の概要

宮古島とバイオエタノールの関係とは?これまでの経緯まとめ

宮古島はバイオエタノールのプロジェクトを10年以上進めてきました。石油に代わるエネルギーを作る原材料として、サトウキビが適しているからです。これまでどういった事業を行ってきたのか、宮古島とバイオエタノールとの関係について分かりやすくまとめました。
2019.06.19
宮古島の概要

宮古島の御嶽(うたき)とは?訪れたらまず最初に行く場所

宮古島には御嶽(うたき)と呼ばれる神聖な土地がたくさんあります。場所によっては、男性は入ってはいけない、また女性でも特定の方や行事ごとの時しか入れないといった決まりがあります。神社との違いや、一番有名で格式高い宮古島の御嶽など、詳しくまとめました。
2019.06.19
宮古島の概要

宮古島のふるさと納税。沖縄県でも人気トップの返礼品とは?

宮古島のふるさと納税の受け入れ金額は、沖縄県内でトップとなりました。その理由は、返礼品の充実さにあります。旅行系やホテルも人気ですが、特産品が多いことも魅力的です。宮古島のふるさと納税のことについて詳しくまとめましたので、ぜひ確認してみてください。
2019.06.23