宮古島で千原ジュニア行きつけの店。カレー屋やホテルなど

宮古島 千原ジュニア

宮古島はたくさんの芸能人が訪れる島としても有名です。

空港やホテルでも目撃情報が絶えませんし、中には、別荘を持っている方もいらっしゃいます。

芸能界を引退してしまいましたが、島田紳助さんは、自身の番組で宮古島活性化プロジェクトのコーナーまで作ってしまいましたよね。
(2010年4月〜2011年8月「紳助社長のプロデュース大作戦!」)

また、千原ジュニアさんも「休みが取れたらすぐ宮古島に行く」と、よくテレビで話していますし、ご自身の婚姻届も宮古島市役所で出しています。

これには市役所で働いている私の友達も大興奮していましたが。(笑)

ここでは、そんな宮古島通の千原ジュニアさんがおすすめする場所についてまとめました。

スポンサーリンク

宮古島にハマったきっかけ

千原ジュニアさんが宮古島にハマったきっかけは、お兄さんで相方でもある千原せいじさんの影響から。

最初は、千原ジュニアさんよりも、千原せいじさんのほうが宮古島のことを良くテレビで話していたと記憶しています。

実は、千原せいじさんは、宮古島に4階建ての不動産も所有していて、その名もせいじビルディング。(笑)

しかし、ただ所有しているだけで、現在は若者のたまり場になっているとか。。。

そんな千原せいじさんがご自身の結婚式を宮古島で挙げた時に、初めて千原ジュニアさんも訪れたとのこと。

それをきっかけにどハマリして、年に何度も通うようになったそうです。

東京からだと早朝に直行便が出ていてフライト時間は約3時間。つまり、午前中にはもう宮古島に着いていることになります。

時間だけで考えると、実は近い場所でもあるんですよね。

そしてテレビでも、様々なお店や場所を紹介する機会も多くなり、今では、千原ジュニアさんのほうが宮古島通というイメージが定着するようになりましたね。

本場の味を堪能できるカレー屋さん

千原ジュニアさんが宮古島へ訪れた時は必ず食べるというほどの行きつけで、「嵐にしやがれ」でも紹介したカレー屋さん「まなつのスパイスカフェ茶音間(ちゃのま)」。

番組内で嵐に紹介したメニューはピンザカレー。ピンザとは、宮古島の方言でヤギのことです。

本格的な北インド風のカレーと、宮古島の食材を融合した他では味わうことのできない一品。

「マスターである土屋元さんのカレーに対する情熱は10円ハゲができるほど。」と紹介していました。

また、他の番組では「なんでこんな店が宮古島にあるねん。東京にあったら週8回通う。」とも豪語していました。

本当に紹介が上手いですよね。このコメントだけで今すぐにでも行きたくなってしまいます。(笑)

そのおかげもあって、地元客にも観光客にも大人気の有名店となりました。

しかし、なんと残念ながら、2016年10月をもって閉店。

理由は「やむを得ない理由」と公式Facebookに書いてありましたが、動向を見ていると、どうやら業務拡大のためのようです。

その後、株式会社の設立、串カツ屋さんの開店、そして、2017年5月には、スリランカカレー屋さんがオープンしています。

もちろんマスターは変わっていないので味は保証付き。リニューアルして移転したということですね。

このカレー屋さんは、好みのカレーやおかずを選んで、ワンプレートに盛り付けてもらうというスタイル。

看板も外装も内装も何から何までおしゃれは雰囲気です。

宮古島の暑い日差しとスリランカカレー。なかなか珍しい組み合わせですが、地元の食材をふんだんに使用しているので、宮古島で本場のカレーを食べたいならここは外せませんね。

スリランカカレーレストラン「SAMAN」
宮古島市平良久貝1068-1 中山店舗1ー西
定休日:月曜


スポンサーリンク

リゾート感満載のホテル

以前、「ロンドンハーツ」にてロンブー淳さんが宮古島で奥さんと一緒に泊まったというホテルが紹介されていました。

小さなプール付きでアジアンテイストの内装がリゾート感満載でしたが、ここは千原ジュニアさんに紹介してもらったと話されていました。

このホテルは宮古島から池間大橋を渡った先の池間島にある「アイランドテラス・ニーラ」。

ホテルというよりも正確には独立型ヴィラですね。まるで一軒家を貸し切ったような宿泊施設です。

開放感のある家の作りに白いタイルが映える青のプール。そしてそのプールの先にはまた違った青が広がる大きくて広い海。

まさに、リゾート感をたっぷり味わうことができる場所です。

ここだけの話ですが、このヴィラにはジャニーズの方も良く泊まりに来てますよってスキューバーダイビングの方に教えてもらいました。

「アイランドテラス・ニーラ」
宮古島市平良前里317-1

居酒屋

市街地の中心にある沖縄料理屋「南樂 (なんらく)」。

ここは、千原ジュニアさんのお友達が経営していて、なんでもジュニアさんが訪れる日にはお店が貸し切りになってしまうとか。

紅芋や海ぶどうにラフテー、グルクンの唐揚げにジーマミ豆腐など宮古島ならではのお酒のつまみを堪能できるお店です。

人気の看板メニューは「ねこまんま」というネーミングの海ぶどう丼。

美味しい海ぶどうが食べたい方はここに行けば、ハズレはないでしょう。

他にも芸能人のサインがたくさんあるので、運が良ければ誰かに会えるかもしれませんね。

「南樂」
宮古島市平良字西里568

まとめ

以上、一部ではありますが、千原ジュニアさんがおすすめするお店やホテルの紹介でした。

最近は、昔ほど宮古島の話をテレビでしなくなったと感じますが、結婚してお子さんもできたので、忙しくてあまり行けていないのかもしれませんね。

ヴィラはちょっとお高めですが、カレー屋さんや居酒屋はリーズナブルで、誰でも気軽に行くことができます。

もしくは、変化球でせいじビルディングを見に行くのも楽しいかもしれませんね。負のパワースポットなんて言われていますが。。。


宮古島に訪れた際は、ぜひこれらの場所にも足を運んでみてくださいね。

  
▶他にも、宮古島のおすすめスポットの記事「宮古島の石庭(いしにわ)は一度は訪れるべきパワースポット」も参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする