宮古島の石庭(いしにわ)は一度は訪れるべきパワースポット

宮古島の石庭

宮古島のパワースポットとして隠れた名所と言えば、「石庭」(いしにわ)と呼ばれる場所です。

この場所について一番驚くことが、なんと「個人宅の庭」であるということ!

こんな珍しいパワースポットは他にはないのではないでしょうか。

ここでは、そんな石庭について詳しくお伝えします。

スポンサーリンク

宮古島の石庭とは

宮古島の石庭

大正生まれの新城定吉さん(1921年〜2015年 94歳)のお宅の庭で、広い土地に、いくつもの石があちこちに置かれています。

その形も、縦に細長いものばかり。

なんとも不思議なのはその石庭が出来上がった経緯。新城さんが60歳の時に、突然神の啓示を受けて、約600個の石を土の中から掘り起こしたとのこと。

その歳月は5年間。しかも1人でです。

家族もいったい何が起こったのかとびっくりしますよね。(笑)

石庭が有名な理由

宮古島の石庭

宮古島で生まれ育った私ですが、その当時(20年前前後)はそこまでこの場所の知名度は高くなかったと思います。

ただ、なんとなく行ったような記憶もあるのですが、子供の頃であまり覚えていません。

  

その後、東京に住み始めてから数年ほどたった2014年頃。

ご縁があって六本木ミッドタウンに住む、とある社長さんとお知り合いになったのですが、私が宮古島出身だと告げると、返ってきた第一声が「数年前に石庭に行きましたよ」でした。

その場所で瞑想をしたり、その時の自身の写真に光のスジも写り込んだりして、なんとも不思議な経験をしたとおっしゃっていました。

この社長さん、ネット業界でかなり成功を収めていて、スピリチュアルにも精通しているお方。

そんな成功者からすると、「宮古島は石庭で瞑想する所」という認識のようです。

それならば!とそれまで興味がなかった私は俄然やる気をだし、色々と調べてみました。(笑)

宮古島の石庭

すると、どうやら15年前に、とある方が本や講演で紹介されてから、知名度が上がったようですね。

その方とは、船井総合研究所の経営コンサルタントの、船井幸雄さん。

自己啓発書の作家でもあり、その本数はなんと400冊以上。

これだけの数なら、本好きの方であれば、一度は出会ったことがあるのではないでしょうか。

かくいう私も、数冊は読んだことがあります。

『「思いは実現する」のですから、絶えずプラス発想をしましょう。そして「与えるものは受け取るもの」ですから、できるだけ与えましょう』
『人間というのは、人に好かれたら成功するのです。』

といった心に残る名言を数多く残しています。

  

その方が、石庭のことを著書でイヤシロチ(あらゆる生物がそこにいると気分がよくなる土地。今で言うパワースポットかもしれません)として紹介しているんですね。

このことで、一気に知名度が高くなり、そしてここ数年でのパワースポットブームと宮古島ブームも重なって、ガイドブックにこそ載っていないものの、隠れた観光スポットになっているわけです。

現在も、世界中からスピリチュアルに精通した方が引き寄せられるように訪れています。

スポンサーリンク

気になるその効果とは?

さて、一番気になるのはその効果ですよね?

訪れた人は、この石から宇宙の波動・エネルギーを感じることができ、そして、自分の波動と繋げて、新しい波動に変えることができるとのことです。

なんだか信じがたい話ですが、波動を変えると、「新たな気づき」がもらえるのだそうです。

具体的には、見えない声が聞こえる。メッセージが降りてくる。言葉が浮かぶ。語りかけてくるのを感じる。不思議な感情になる。など人によってさまざまです。


まとめると、「何かを受け取れて、本当に自分がやりたいことが明確に分かる、自分の進むべき道が明確に分かる」といったところでしょうか。

宮古島の石庭

たくさんの石の中には、「子宝の岩」「縁結びの岩」といった名前が付いているものもあります。

また、石が円形に並んでいて、その中に芝生があり、「太陽のサークル」と呼ばれる場所もあります。

ここでは、はきものを脱いで入るようにと看板がありますので、裸足になって自然とつながり、石のエネルギーに囲まれることができます。

訪れた方の中には、その波動が自身の波動と違いすぎて、頭痛がひどくなる方もいるようです。


宮古島の石庭

私もつい最近ですが、帰省した時に訪れてみました。

平日の明るい時間だったのですが、すでに見学されている方もチラホラいました。

感想は、頭痛までは起きませんでしたが、確かに異様な空間で、エネルギーが違うなと感じ取ることができました。不思議な感情になりましたね。

その半面、何かを受け取ることはできませんでした。

おそらくですが、何も考えずに行ったからかもしれません。。。

例えば、「○○の答えが知りたい」「○と○のどちらに進んでいいか迷っている」などと具体的な問いかけがあれば、何か具体的なメッセージが受け取れたかもしれません。

私は、どちらかというと神社に行ったような感覚の方に近かったです。

宮古島の石庭への行き方

宮古島の石庭

この石庭への行き方ですが、宮古空港から出て左に曲がり、最初の信号を右に曲がってずっと真っ直ぐに進むと、左手に「石庭」と書いた家が見えてきます。

距離にして約1kmほど。歩いてもいける距離ですね。車でももちろん行けますが、駐車場はないのでご注意くださいね。

地元では有名なので、タクシーの運転手に「石庭まで」と言えば連れて行ってくれます。

住所は、「沖縄県宮古島市平良字下里2309」。地図で見ると、宮古島のちょうど中心にあることが分かります。


新城さんがご存命の2015年までは、庭を案内してくれたり、体調を崩された後も、面会してお話したり出来たそうです。

実際に会話をされた方のブログなどを読むと、新城さん自身、石庭の存在の意義を探し続けているような印象を受けました。

宮古島の石庭

現在は、家の玄関に受付があり管理人がいらっしゃるので、そこで200円を払って敷地内の地図をもらい、庭の中を散策するといったスタイルになっています。

時間は、午前10時から午後6時まで。所要時間は30分ほどあれば充分に堪能することができます。

個人宅ですから、あまり早い時間に行ったり、近隣の方に迷惑をかけたりしないようにしてくださいね。

まとめ

以上、宮古島の石庭についてでした。

パワースポット好きですが霊感など一切ない私もなんだか異様な空間だということは、肌で感じることができました。

成功者も訪れるパワースポット、ぜひ一度訪れて、不思議な感覚を味わってみてください。

そして、高いエネルギーを感じると共に、これからの未来へのメッセージを受け取ってくださいね。

ぜひ、「具体的な問いかけ」を持って行くことをおすすめします。

  
他にも、宮古島のパワースポットについて詳しく調べたい方は「宮古島はパワースポットの宝庫!エネルギーチャージをしよう」の記事も参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする