宮古島で東洋一のビーチはどこ?出身者が厳選したお薦めの海

東洋一とも言われる宮古島の海の魅力をたっぷりとお伝えします。

 
重要 宮古島の海開きはいつ?泳げる時期の中でベストな月を検証

重要 宮古島はサメの被害が多い?ポイントは◯◯◯させないこと!

check 宮古島の八重干瀬はシュノーケリングに最適!世界一のサンゴ礁

check 宮古島でサーフィンの体験はできる?初心者が気をつけること

おすすめ 宮古島でウミガメに確実に会う方法。シュノーケリングが一番

 

360度海に囲まれていますので、当たり前ですが、たくさんのビーチが存在します。

その中でも特にオススメなビーチやその特徴などをご紹介していきます。

 
●2大ビーチ

まずは、宮古島には有名な2大ビーチがありますので、この2箇所は外せません。

1つ目は「与那覇前浜ビーチ」。

ここは、旅行サイト「トリップアドバイザー」での人気ビーチランキングに毎年上位に入る、定番中の定番ビーチです。

「東洋一の美しさ」とも言われているだけあって、遠くまで広がる青い海と白い砂浜は圧巻です。

夏の天気が良い日は眩しすぎるくらい。私も帰省する時はここに必ず立ち寄ります。

堤防が長く続いているので座る場所がたくさんあり、そこに座って海を数分眺めるだけで最高の癒やしになります。

 
大人になってから気が付きましたが、海には何か不思議な力があると感じます。

雄大な眺めに感化させられるのか、はたまた波の音のリズムがそうさせるのか、抱えていたモヤモヤがすーっと晴れていきます。

おすすめの時間帯は真っ昼間の太陽がガンガン照りつけている時か、海に沈んでいく夕陽が見れる夕方が最高の見頃です。
 

2つ目は「砂山ビーチ」。

宮古島と言えばここ、というくらいの有名なビーチです。

海と砂浜の間にそびえ立つ、穴が大きく開いた岩が最大のシンボル。

海を背景にしてのこの岩の写真は、多くの方が見たことがあるのではないでしょうか。

そして、「砂山ビーチ」の名の通り、高い砂山を登って下りないとビーチヘたどり着けません。

息を切らしながら辛い坂を登った頂上から、突然見えてくる絵はがきのような絶景に、疲れを忘れて思わず走り出してしまうことでしょう。(笑)

大きな岩に高い砂山、といった他にはない特徴があるので、『記憶に残る』ビーチです。
 

●市街地にあるビーチ

続いてオススメするのは「パイナガマビーチ」。

ここは市街地から一番近く、街の中にあると言っても過言ではないビーチ。

港と隣接していて周辺には建物も多いため、景観はあまり良くないですが、バーベキューで楽しんだり、気軽に泳いだりと、身近なビーチという印象があります。
(注意:現在はバーベキューでの利用は禁止となっています。)

近辺に宿泊ホテルも多いので、砂浜を歩いて散策する観光客もチラホラ。

風に吹かれながら遠くに沈んでいく夕陽にたそがれると、とても気持ち良いです。

 
●ニモが見れるビーチ

続いてのオススメビーチは「新城海岸」。

ここは市街地から離れた宮古島の端、東平安名崎の付近に位置するビーチです。空港から車で約40分ほどかかります。

熱帯魚が多く集まるので、シュノーケリングに最適。ニモ(カクレクマノミ)も簡単に見つけることができます。

また、ここは水深が浅いことが特徴なので、行く時間帯は、干潮時よりも満潮時がオススメです。

 
●アミューズメントビーチ

続いてのビーチは「保良泉ビーチ」。

保良泉は「ぼらがー」と読みます。こちらも市街地から離れた場所にあり、先ほどの吉野海岸からも近いです。

ここはアイランドワークスという会社が管理していて、アクティビティに特化したビーチとなっています。

シーカヤックで鍾乳洞探検が楽しめるコースが用意されていて、これが他のビーチと違う最大の特徴です。

他にもシュノーケリングや体験ダイビングもあり、レストランやトイレ、プールやロッカーも完備されていますので、子供連れの家族には最適です。

ここに行けば1日中遊べてしまう「アミューズメントビーチ」です。

 
●景観を楽しむビーチ

お次は、宮古島の隣の島・伊良部島にある「佐和田の浜」。

今までは、宮古島から船に乗らないとたどり着けなかった場所ですが、2015年に伊良部大橋が架けられたことにより、車で気軽に行けるようになりました。

身近になったこともあり、ここ最近、人気急上昇のビーチです。

1771年の大地震による津波で運ばれた大小の岩石が、遠浅の海にゴロゴロしていて、不思議な景観を作り出しています。

また、1996年に「日本の渚100選」にも選ばれました。このビーチも夕陽が美しいことでも有名です。

佐和田の浜近くの「黒浜御嶽」では兄妹産神を祭ってあり、子宝に恵まれると言われ、地元の方に大切にされています。

 
●番外編

最後に、番外編ですが宮古島の海を語る上で、欠かせないスポットである「八重干瀬」。

いわゆるビーチではありませんが、宮古島から北の5〜22km辺りに広がる日本最大級のサンゴ礁群のことを言います。

シュノーケリングスポットとして人気がありますが、最大の特徴は年に数回、数時間だけ海の上に現れること。

そのため、「幻の大陸」と呼ばれています。こういう自然が作り出す神秘的な現象はなんだか不思議な気持ちにさせられますね。

 
以上、東洋一の海と言われる与那覇前浜ビーチを始めとした、宮古島のオススメビーチでした。
 

他にもまだまだ紹介しきれていないたくさんのビーチがあります。

有名どころに行くのも良し、自分だけの穴場を見つけるのも良し。

それぞれの場所によって違った特徴があり、楽しみ方があります。

このカテゴリーでは、宮古島の海についてより詳しく掘り下げていますので、ぜひお気に入りのビーチを見つけてください。

東洋一の海、ビーチ

沖縄で満ち引きの時刻は生活の一部。釣りやマリンスポーツに

沖縄で満ち引きの情報は、なくてなはならない生活の一部です。海に囲まれているので、漁師にとってはもちろん、釣りや潮干狩り、マリンスポーツにも役に立ちます。汐の独自の算出方法もあるほど、地元住民に馴染みの深い沖縄の満ち引きについて、詳しくまとめました。
東洋一の海、ビーチ

宮古島のビーチのおすすめはココ!人気急上昇や貝殻拾いまで

宮古島のビーチは、前浜や砂山、パイナガマといった観光地がシャワーやトイレも完備していて、ハズレがないのでおすすめです。最近、人気急上昇中の17ENDやビーチコーミングに適した場所なども詳しくご紹介します。ここでは宮古島のビーチについてまとめました。
東洋一の海、ビーチ

宮古島でウミガメに確実に会う方法。シュノーケリングが一番

宮古島にはウミガメがたくさん生息しています。優雅に泳いでいる姿は人を惹きつける力がありますよね。ダイビングだったり、船の上からでも運が良ければ見ることは可能ですが、シュノーケリングが確実です。ここでは、宮古島のウミガメについて詳しくまとめています。
東洋一の海、ビーチ

宮古島の貝は守り神。特徴的な種類や購入できるお店をご紹介

宮古島の貝は、昔から身近な存在で、特にスイジガイは守り神としても重宝されてきました。他にも、大きくて神秘的で特徴のある種類がたくさんあり、展示されていたり、オリジナル作品を制作したりすることもできます。そんな宮古島の貝について詳しく説明しています。
東洋一の海、ビーチ

宮古島で釣りをするなら。道具レンタルや体験フィッシングも

宮古島では釣りのポイントがたくさんあり、南の島ならではのカラフルな魚が釣れます。観光客の需要も高まり、体験フィッシングなど充実したコースが組まれています。手ぶらでも楽しむことができる初心者でも安心な宮古島での釣りの仕方について、詳しくまとめました。