沖縄本島から宮古島までの距離はどのくらい?時間や費用は?

この記事は約 5 分で読めます。

沖縄本島と宮古島の距離

私は10数年前に沖縄県から東京に移住してきたのですが、そこでビックリしたことは、意外にも「沖縄本島(特に那覇)に行ったことのある方が多い」ことです。

修学旅行や、社員旅行で行くことが多いようですね。

また、スキューバーダイビング目的で年に何回も行くという方もいます。

しかし、「沖縄(那覇)には行ったことはあるけど、宮古島には行ったことない」という声も良く耳にします。

その理由として、沖縄本島と宮古島の違いが分からないことがまず挙げられます。

また、沖縄本島から宮古島までどのくらい距離が離れているのかも、あまり知られていません。

「でも、いつかは行ってみたい」

「沖縄本島への旅行のついでに行けるなら行きたい」

という方も多いので、宮古島までの距離や時間、費用などについて詳しくまとめました。

スポンサーリンク

沖縄本島から宮古島までの距離・時間・費用

そうだ!宮古島へ行こう!

それでは、ここから宮古島までの距離や時間、費用などについて詳しく説明していきますので、ぜひ参考にしてください。

距離はどのくらい離れている?

宮古島へ約300kmのフライトです。

まず、沖縄本島(那覇空港)から宮古島までの距離ですが、ズバリ約300Kmです。

と言ってもピンと来ませんね。(笑)

 
宮古島が大好きなことで有名な元芸能人の島田紳助さんが、昔良くテレビで言っていたのが、「東京から名古屋までの距離」が約300kmです。

そう、意外と離れているんですね。

かくいう私もこの話を聞いた時は、そんなに離れていたのかとビックリしましたが。

他にも300Kmの距離を探してみたところ、「東京から仙台まで」の距離も大体そのくらいでした。

やっぱり遠いですよね。

 
このことから、同じ沖縄県内でも随分と離れていることが分かります。

ちなみに、福岡から韓国までが約190Kmですから、国を超えるよりも、県内移動のほうが遠いことになります(!)。

時間はどのくらいかかる?

1時間以内で到着!

次に移動時間ですが、沖縄本島から宮古島までは、飛行機のみが移動手段になります。

天候や風の状況にもよりますが、大体45分〜55分ほどかかります。

旅客用フェリーは2008年まで運航していましたが、
燃料費確保の見込みが立たないという理由で、現在は停止となっています。

 
私も学生時代、運航していた時期に一度フェリーに乗ったことがありますが、夜21:00頃出発して朝には到着したので、移動時間は大体9〜10時間程度でしょうか。

途中船酔いしすぎて大変だった記憶があります。

もしかしたら、今後燃料費が安くなれば、運航も復活するかもしれませんが、今のところ目処が立っていませんので、現在の沖縄本島ー宮古島間の移動手段は飛行機のみになります。

費用の相場は?

んみゃーち宮古島

次に費用ですが、現在はJAL(日本航空)とANA(全日本空輸)の便があり、普通運賃で片道19,600円です。

 
2011年にスカイマークが参入したことにより、一気に値下げ合戦が始まり、なんと片道4,000円程度で行ける時期がありました。

この時期は気軽に沖縄本島に行けるということで、毎週末宮古島から那覇へスクールに通っていた友達もいます。

しかし、2015年に同じくスカイマークが撤退し、また値上げされている状況です。(値上げというよりも、通常に戻ったという言い方が正しいかもしれませんね。)

このように、航空運賃は、その時に参入している会社によって値段の幅があります。

今後、またLCCといった格安の航空会社が参入する可能性もありますので、その時はまた値下げ合戦になると予想されます。利用者としては、近い将来早く参入して欲しいものですが。。。

※2018/11/4追記
2019年3月から、LCCのジェットスター・ジャパンの成田空港ー下地島空港の就航が決まりました。
このことから、那覇空港ー宮古空港間の料金体系も影響するかもしれません。
check宮古島市の下地島空港からLCCが就航!格安で南のリゾートへ

 
現在のJALとANAでも早期割引を使えば、45日前だと7,000円代、75日前だと5,000円代くらいで購入できますので、早めに予約することをおすすめします。

JALとANAにはそれほど差がなく、同じような料金体系なので、予約時に比較して空席があるかどうかの違いだけです。

あとは、マイレージカードを持っている、機内サービスはここがいい、座席の種類を選びたい、など好みの問題になると思います。

スポンサーリンク

沖縄本島への旅行のついでに宮古島にも行けるのか

良く聞かれるのは、沖縄本島(那覇)へ旅行に行ったついでに、宮古島にも寄れるかどうかどうこと。

それでは、ここからは「沖縄本島への旅行のついでに宮古島へも行けるかどうか」を検討してみましょう。

 
まず、宮古島に行くのに飛行機で片道45分〜55分かかりますが、空港での手続きなどを考えると、さらに時間がかかります。

余裕を持って出発の1時間くらい前には到着しておく必要があります。

 
那覇空港ー宮古空港は1日15便、7:00台から19:00台まで運行していますので、時間はいつでも出発することができます。
(ただし、平日以外は満席も多いのでご注意ください。)

日帰りか1〜2泊か

絶景パノラマドライブ!

例えば、朝5時に起きて、7時台の便で出発し、宮古島に8〜9時に到着。

お昼に宮古そばを食べて、ビーチを観光して18時に空港へ向かえば、時間的には日帰りで行けなくもない距離です。

値段は往復早割・レンタカー込みで1人約2万円程度と考えて良いでしょう。

ご飯代やおみやげ代も含めれば3万円くらいかかるのではと予想します。

 
ただ、泳いだりゆっくり過ごしたいという目的であれば、日帰りではとてももったいないです。

1〜2泊であれば、宮古島の夜や、数々のビーチ、橋で繋がっている離島まで堪能することができます。

つまり、沖縄本島へ1週間旅行する場合、そのうち宮古島に行く期間を1〜2泊とすれば無理のない計画です。

沖縄本島から宮古島まとめ

まもるくんがお出迎えします

近いようで実は遠い宮古島。

海に囲まれていることもあり、沖縄本島とはまた違った歴史が流れ、独自の文化が育まれています。

山がないことから海に泥が流れず、その透明度は世界屈指とも言われています。

気候や食べ物は似ていますが、戦後のアメリカ統治(米軍基地)の影響を沖縄本島ほど受けていませんし、風習や性格が異なる部分もあります。

そんな沖縄本島との違いを発見することもまた楽しみの一つ。

もし、行ったことがないという方は、ぜひ一度訪れてみてくださいね。

 
次の記事では、宮古島から発着している飛行機便について、詳しくまとめています。
Next >>>「宮古島から飛行機が発着している数は?台風の時はどうなる?

  

このページに掲載している情報は、時間の経過により変更になることがあります。
詳しくは「ご利用にあたって(特定商取引に基づく表記)」と「プライバシーポリシー」をご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました