宮古島にも星の砂ってあるの?場所や見つけ方のコツを紹介

この記事は約 6 分で読めます。

沖縄からのお土産としての定番である、星の砂。

小さなビンに詰められたものが、空港で販売されているのを良く目にしますよね。

キレイな星型や丸っこい形をしたもの、たくさんのトゲトゲがあるものと、その形はさまざまです。

 
なぜか心惹かれるのは、きっと自然の不思議な力を感じるからかもしれませんね。

宮古島で生まれ育った私ですが、実はあまり見たことがありません。有名なビーチでは、サラサラと白くて細かい砂ばかり。

でも、八重山諸島にはあるんですよね。。。

なぜだろうかと、星の砂の正体を紐解いていくと、その理由が分かりました。

そして、宮古島でもあるポイントを探せば、星の砂があることも分かりました。その場所や見つけ方について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

宮古島の星の砂

実はこの星の砂、正確には砂ではありません。

その正体は、有孔虫(ゆうこうちゅう)という単細胞生物「バキュロジプシナ」の殻です。ですので、砂というより、貝がらに近いです。

海藻にくっついて生息し、寿命を終えた後、その殻が海藻から離れて海底に沈みます。その中には波で浜に打ち上げられるものもあります。それを星の砂と呼んでいるんですね。

この「バキュロジプシナ」以外にも「カルカリナ」という有孔虫もいて、こちらは殻が膨らんで丸く、先端が丸いトゲトゲが付いているので、「太陽の砂」と呼ばれています。良くお絵かきで書く太陽そのものです。

「星の砂」「太陽の砂」とロマンチックなネーミングが付いていますが、実は微生物の殻だったんですね。(笑)

ずっと見ていると、だんだんお菓子の「おっとっと」にも見えてきます。。。その色と膨らんだ形がそっくりです。

 
この微生物の生息地ですが、温暖な海域に限られています。なので、沖縄の砂浜で見ることができるんですね。

星の砂があるビーチの特徴

しかし、沖縄であればどこでも見られるかと言うとそうでもありません。

砂浜によってその特徴が違いますので、全体が星の砂ばかりの場所もあれば、探しに探して回らないと見つからない砂浜もあります。

海の浅瀬(浅い所)に海藻がまったくなく、砂もサラサラと細かいのであれば、そこにはないと思って良いでしょう。

反対に、浅瀬に岩がゴツゴツと多く存在し、そこに海藻も生えていたら、その近くの砂の中に混ざっている可能性は高いです。海藻をひっくり返してみると、生きている星の砂に出会えるかもしれません。

観光地で有名なビーチは泳ぐのに適した砂浜なので、前者が多いです。これが、私が宮古島であまり見かけなかった理由です。

 
一方、八重山諸島の西表島や竹富島に、その名も「星砂の浜」という砂浜があります。これらが後者にあたります。

私は西表島の「星砂の浜」に子供の頃一度だけ行ったことがあるのですが、砂を拾えば星の形ばかりだったので、とにかく感動したと同時に、ここにしか星の砂はないんだと思い込んでいました。(笑)

 
他にも鳩間島や波照間島なども有名です。やはり八重山諸島の島々が多いですね。潮の流れも関係しているのでしょう。その島の砂浜にさえ行けば「探すことなく」そこにあります。

スポンサーリンク

宮古島で星の砂が見つかる場所

吉野海岸

しかし、宮古諸島でも先ほどお伝えした条件が揃う場所を探せば、見つけることができます。

代表的な砂浜を挙げると、吉野海岸、保良川ビーチ、渡口の浜、白鳥岬辺りです。

宮古島でも星の砂を探したいという方はぜひ行ってみてくださいね。条件は、岩があって、海藻が生えている付近です。

 
また、「キレイな星の砂を見つけると願い事が叶う」なんてことも言われています。

まるで四ツ葉のクローバーや流れ星のようですね。

その形の不思議さやネーミング、そして、どこにもあるわけではないという希少性から来ているのでしょう。

探し方のコツ

探し方のコツは、手のひらをそっと砂に押し付けて、手にくっついてきた砂の中から探し出すこと。普通の砂ももちろん紛れていますが、星の砂はトゲトゲしているのですぐくっつきやすく分かりやすいです。

きちんと洗って乾かせば長持ちするので、アクセサリーにしてもとても映えますし、肌身離さず持っていれば自然のエネルギーももらえそうです。

しかし最近では、心ない観光客に荒らされてしまい、年々その数が減っていることが問題になっています。

そのため、砂浜によっては砂の持ち出しが禁止されている場所もありますので、ご注意くださいね。その場合は、写真と思い出の中に収めるだけにしておきましょう。

まとめ

私は、この「星の砂」の人気の半分は、そのロマンチックな名前が起因していると思っています。

誰が付けたのか分かりませんが、ただの微生物の殻を価値のあるものに変えたとして、コピーライター賞をあげたいくらいです。(笑)

名前がなければ、「おっとっとに似たやつ。」にとどまり、ここまで人気になっていなかったかもしれません。ネーミングって大事ですね。

 
しかし、この不思議な形は、正真正銘自然が作り出したもの。限定された場所でしか見ることができない自然からの贈り物を、ぜひ一度探してみてください。

  
また、宮古島で癒やされる場所についての記事、「宮古島で癒しを求めるならココ!石垣島との違いも詳しく考察」もぜひ参考にしてみて下さい。