ミンサー織りの意味は?沖縄のお土産やプレゼントにぴったり

この記事は約 4 分で読めます。

ミンサー織り

「ミンサー」と聞くと挽肉機を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、沖縄県でのミンサーと言えば、民芸品の「ミンサー織り」です。

一言で言うと、木綿の織物のこと。

そして、実は素敵な意味が込められているので、贈り物にも最適です。

 
ここでは、ミンサー織りの由来や、商品についてご紹介します。

スポンサーリンク

ミンサー織りとは

ミンサー織りとは、沖縄に古くからある伝統的な織物のことで、読谷山や首里、八重山諸島、与那国島など沖縄の様々な地域で制作されています。

その中でも、八重山列島の竹富島発祥である「八重山ミンサー」がとても有名です。

柄に特徴があり、5つと4つの四角を交互に長く並べた柄で、シンプルながら一目でミンサー柄だと分かります。

宮古島で生まれ育った私にとっても身近で、沖縄らしくもあり、飽きも来ないので、とても好きな柄です。

 
また、名前の由来は、「綿(ミン)でできた幅の狭い(サー)織物」からミンサーになったと言われています。

「ミンサー」は元から一つの単語と思い込んでいたので、2つの言葉が合わさっていたことにびっくりしました。

綿の狭い織物=ミンサー。

こういう由来を知ると、説明されなくても、素材や形状が良く分かりますね。

柄の意味

ミンサー柄の意味

ミンサーは5つの四角と4つの四角を交互に並べた柄が特徴的です。

そして、5つの四角には「いつの」、4つの四角には「世」という意味があります。

これを合わせると「いつの世までも」となります。

つまり、あなたといつまでも一緒にいたい。という意味になるんですね。

そのため、5つの四角が4つの四角よりも前であることが決まっています。

 
昔は織物と言えば、女性の主流な仕事。

ですので、男性への贈り物も織物になるんですね。

プロポーズの返事としてであったり、告白や、日頃の愛を伝える手段としてであったり。

今で言うと、手作りマフラーみないなものでしょうか。

実は、とても深い意味のある素敵な柄なのですね。

 

スポンサーリンク

沖縄のお土産やプレゼントに

ミンサー織りや、ミンサー柄の商品はたくさん販売されているので、沖縄のお土産としても充実しています。

また、ミンサーには愛を伝える意味があることから、異性への贈り物としても人気です。

最近では、特に指輪の人気が高まってきています。

ミンサー織りの商品

ミンサー織りやミンサー柄の商品は、種類が豊富です。

沖縄の空港には必ずと言っていいほど置いてあるので、お土産として購入しやすいです。

その中で、おすすめなのは「コースター」。

使い勝手がよく、また沖縄の琉球ガラスとも良く似合います。

 
男性への贈り物としては、ネクタイにシャツ、カバンやポシェット、小銭入れなどがあります。

どこかで見かけたことがあるのですが、私が良いなと思ったのは、ギターのストラップ。
(確か、沖縄のアンテナショップにあったと思います。)

細い帯として実用的なもの、ギター人口は男性が多い、ということから、まさにミンサーの意味をしっかり継承した現代版ではないでしょうか。

 
なお、おすすめのお店は、石垣市にある「みんさー工芸館」。

商品のオンラインショップも行なっていて、質の良い商品がたくさん販売されています。

工房の見学や、ミンサー織り体験もできますので、「ミンサーを知る」には、このお店がピッタリです。

手織り体験コースは、実際に織り機を使って、丁寧に教えてもらいながら、自分だのミンサーを作ることができます。

一番短時間で安いコースは、コースター制作のコース。

30分で1,500円なので、ちょっと体験してみたい、と言う方に持ってこいですね。

出来上がったコースターも実用的で使いやすく、お土産にもなりますし、まさに一石二鳥です。

ミンサー柄の指輪が人気

「いつの世までも」というミンサーが持つ意味は、生涯を誓う愛の証である結婚とリンクします。

ですので、最近ではミンサーリングと言って、婚約指輪や結婚指輪を販売するジュエリーショップやブランドが増えてきました。

沖縄の若いカップルはもちろんのこと、沖縄でリゾートウエディングを行う沖縄県以外のカップルにも人気です。

しっかり主張しつつも、飽きが来ないシンプルな柄ですので、まさに一生身に着ける指輪として最適ですね。

ミンサー織りのまとめ

ミンサー柄

以上、ミンサー織りについてでした。

柄に特徴があるので、覚えやすく親しみやすい印象を持つミンサー。

言葉の由来や、込められた意味などを知ると、またさらに一層好きになりますね。

 
本来は、女性が男性に贈っていた、大切な気持ちが込められたもの。

その趣深さをぜひ、手にとって味わってみてはいかがでしょうか。

 
八重山ミンサー以外にも、沖縄には織物の工芸品がたくさんあります。

次の記事では、宮古島の織物である宮古上布について、詳しくまとめています。
Next >>>「宮古上布の歴史を知って文化に触れよう!織物体験や購入方法も

 

たいらまこ

こんな素敵な意味があったのね。

  

このページに掲載している情報は、時間の経過により変更になることがあります。
詳しくは「ご利用にあたって(特定商取引に基づく表記)」と「プライバシーポリシー」をご確認ください。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
たいらまこ

宮古島出身。
宮古高校卒業後、沖縄本島で6年過ごしたのち、東京に10年以上在住中。

沖縄を離れたからこそ分かる違いや魅力、そして移住のことについて、島を知り尽くした管理人がご案内します!詳しいプロフィール

シマリアルをフォローする

宮古島と石垣島
シマリアルをフォローする
シマリアル
タイトルとURLをコピーしました