スポンサーリンク

沖縄移住のメリットとは?那覇と宮古島との違いも徹底比較

毎日を分単位で過ごしているとても忙しい方にとっては、「いつかは南の島でのんびりと過ごしたい。」そう思う機会もきっと多いことでしょう。

特に同じ「日本」である沖縄は、海外移住よりも敷居が低いですよね。

海外と比較すると、言葉の壁もありませんし、生活水準は同程度、そして面倒な手続きがない。隣町へ引っ越すくらいとまでは言いませんが、それほど難しいことではありません。

さらに、2011年の震災以降、放射能汚染の不安から、沖縄へ移住する方が増加していることも事実です。

ここでは、沖縄へ移住するとどんなメリットがあるのか、また同じ沖縄でも那覇と宮古島での違いなど、事細かにまとめました。

・第一のメリットは海がきれい

まず、なんと言っても外せないメリットは「海」ですよね。

白い砂浜はいつ見ても「お見事!」と心が震えるくらい感動します。

マリンスポーツ好きや、泳ぐことが大好きな方にとってはもちろんのこと、ただボーっと海を眺めるだけ、波の音を聞いているだけでもヒーリングの効果があります。

私は大人になってから気がついたのですが、海を数十分見るだけで、感情がリセットされることが分かりました。

これは、特に人間関係で心が疲れたなと感じる時に、効果てきめんです。

試しに「川」でもやってみたのですが、その効果は感じられませんでした。やはり海には、説明することのできない何か不思議な力があるようです。

・気温差が穏やか

「沖縄って本当に雪は降らないの?」と良く聞かれるのですが、答えは「降りません」。

冬の時期は海風が強いのでそれなりに寒いのですが、ロングコートにマフラー、手袋、ブーツは不要です。ファッションで着けても良いのですが、会う人会う人に「暑くないの?」と言われます。(笑)

感覚的には、1年を通して長袖シャツやカーディガンが重宝します。夏は日焼け防止に羽織れますし、それ以外は寒さ防止の調節に便利です。

逆に、南の島だからと言って「1年中半袖」ではないのでご注意を!

・花粉症がない

沖縄に住んでいた頃は、あまりこのメリットを感じることができませんでしたが、東京では花粉症で苦しめられている方がたくさんいます。

くしゃみに涙にマスク必須の病院通いで、見ていて本当に辛そうです。

「もう、日本中のスギを伐採したい」と何度聞いたことか・・・。

その点、沖縄にいればそんな悩みは一切無用です。あまりマスクをしている方も見かけません。

・ゆったりした時間が流れている

時間の流れる早さが違うのでは?という感覚に陥るほど、のんびりしています。

早く歩く必要がない。というのもあるかもしれませんね。

また、太陽が沈む時間が遅いというのも要因の一つだと思います。夜の7時〜8時前くらいまで明るいので、1日が長く感じます。

ここからは、宮古島に特化したメリットを紹介します。

・海がさらにきれい

宮古島には山がないので川がありません。そのため、海に流れる土砂が少ないため、透明度が抜群に澄んでいます。

宮古島の海が当たり前と思っていた私は、沖縄本島の海を初めて見た時は、特にきれいだとは思いませんでした。それなのに、浜辺に入るのが有料だったことに愕然とした思い出があります。

海に入るのにも駐車場でさえも、ほとんどのビーチが無料ということも、最大のメリットだと思います。

・ハブがいない

沖縄と言えば、ハブ(毒を持った蛇)が生息していることが有名ですが、なぜか宮古島にはいません。

その理由は定かではありませんが、山がなく標高の低い島であるため、その昔、海水面が上がった時期があり、宮古島は一度海の中に沈んだので、その時に全滅したのではないかと言われています。

・渋滞がない

電車のない沖縄では、1人1台自家用車を持っていると言っても過言ではありません。そのため特に人口が密集している那覇は、毎日大渋滞しています。

ほとんどが職場や学校へ行くために1人でしか乗っていないので、個人的には、1人用の車(パーソナルモビリティ)を推奨して、車線を増やせば解決するのではと、思っているのですが。

その点、宮古島は渋滞がないので、どこにでも数分単位で出かけることができます。

・米軍基地がない

第二次世界大戦後、宮古島には沖縄本島のように米軍基地が置かれませんでしたので、直接の影響を受けていません。

軍用機の音による騒音問題、米兵による事件・事故の問題がありませんので、その点はメリットと言えます。

以上、沖縄移住のメリットについてでした。

那覇に住むか、さらに離島の宮古島に住むかでも、だいぶ生活スタイルも変わってきます。

実は、那覇やその周辺の街は想像以上に都会なので、移住の目的と合っているかどうか、よく考える必要があります。

また、ここではメリットばかりを挙げましたが、同じ数だけデメリットももちろん存在します。

移住を計画している場合は、メリットとデメリットどちらも両方並べて、よく検討してみてくださいね。

この記事もオススメ
沖縄本島から宮古島までの距離はどのくらい?時間や費用は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする