宮古島でのんびり旅行したい!地元民がおすすめするスポット

宮古島の海

宮古島と言えば青い海に青い空。

都会の喧騒や日々の忙しさを忘れて、のんびりと過ごすことができる場所がたくさんあります。

まるで時間が止まったかのような、ゆったりとした感覚は、心も体も癒やしてくれるでしょう。

ここではそんな宮古島への旅行を考えている方へ、のんびりできるホテルやスポット、そして過ごし方等をご紹介します。

スポンサーリンク

宮古島でのんびりするための期間とホテル

滞在期間

宮古島の道

まず、滞在期間についてですが、もちろん長く滞在すればするほどのんびりできるのですが、おすすめできないのが、日帰りや1泊のみというプランです。

沖縄本島への旅行のついでに1泊組み込むツアーも可能ではあるのですが、それこそ慌ただしく時間が過ぎてあまりゆっくりできないと思います。

宮古島は158.70k㎡あり、日本の有人島436つの中で18番目の大きさです。

つまり、どういうことかと言いますと、「歩いてグルっと1周」という感覚ではないということですね。

宮古島の見どころスポットへ行くには、自動車が必須で、所要時間は大体15分〜20分ほどかかります。


これらを考慮した結果、私がおすすめする滞在期間は、最低でも2泊以上です。

そのぐらいの時間があれば、ゆっくりしながら宮古島を満喫することができるでしょう。

ホテル

宮古島にはたくさんのホテルがありますが、その中で私がズバリおすすめするのは「宮古島東急ホテル&リゾーツ」です。


まず、与那覇前浜ビーチに隣接していることが最大のメリット。どの部屋からも海が見渡せる設計になっています。

また、ご飯も美味しいと地元の方からも評判が良く、ランチバイキングはとても人気です。

昔からありますが、あまり不評も聞いたことがありません。

空港からも近いのでアクセスも良く、古すぎず高すぎず狭すぎずのバランスがとても「丁度良い」ホテルです。

宮古島でのんびりできるスポット

宮古島の海

のんびりゆっくりできるスポットとして、外せないのが「海」ですよね。

海には不思議な力があって、キラキラとした広がる青、波の音、潮の匂い、海風を五感で感じながら、10分ほどボーッとするだけで、かなり癒やされます。

モヤモヤ感が取れるので、疲れて仕方がないという方はぜひ試してみてください。

百聞は一見にしかず、私は全身マッサージよりも効果があると思います。

あの感覚は、本当に不思議で、人間が持っている70%の水分と共鳴するんでしょうかね。

他に例えるなら「涙を流した後」のようなスッキリ感と似ているかもしれません。

夕日

宮古島の夕日

また、宮古島には夕日が良く見えるスポットもたくさんあります。

下地島空港沿いの道路と、来間島の長間浜は夕日スポットとして有名な場所です。

ゆっくりと海に落ちていく大きな夕日。これが毎日繰り広げられていると思うと自然の雄大さに感動します。

こんなにもゆっくりと1日って終わっていくんだな〜とまさに時間のゆったり感を味わえる極上のひとときです。

私は個人的には、先にも出てきましたが「与那覇前浜ビーチ」をおすすめします。

ここは空が広いので、夕日もきれいですが、何よりも夕焼けに感動します。

それはまるで大きなキャンバスに自然が作り出すアート。刻々と変わっていく空に浸るのもまた素敵な時間です。

パワースポット

宮古島のガジュマル

宮古島は、島全体がパワースポットと呼ばれるほど、パワースポットが多いことでも有名です。

宮古神社、張水御嶽、石庭、下地島帯岩などが有名ですが、あちこち周るのはちょっとしんどい感じるかもしれません。

実は、宮古島にはいたるところに大きな石や岩、がじゅまるの木があります。

こういった名もなき自然のものからも充分に力をもらえますので、ホテルや海の近くなどでぜひ見つけてみてください。

星空

宮古島の星空

宮古島には山がないという特徴があるので、その分空が広く、星空を見るには絶好のスポットです。

どこからでも見えるのですが、明かりのない場所、満月ではない日を選べば、その感動もひとしお。

地球以外にもこんなにたくさん星があるんだと思えば、自分の悩みがちっぽけに見えますよ。

→宮古島の星空について詳しくは「宮古島の星空スポットは?流れ星や天の川に南十字星も!」の記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

過ごし方のプラン

宮古島の道路

宮古島での過ごし方ですが、まずは移動手段として、車は必要です。

バスやタクシーも利用できるのですが、やはり小回りが利くのと、時間に縛られないというメリットは計り知れないです。

旅行の場合は、必ずレンタカーを借りましょう。

そして、まず最初に迷わず、海へ行ってください。

与那覇前浜ビーチやパイナガマビーチは、海に向かって座れる場所がありますので、そこで数分間過ごしてみてくださいね。

観光地なので、人をなるべく避けたいのであれば、朝早い時間がおすすめです。

まとめ

以上、宮古島でのんびりできる場所についてでした。

数日間過ごした後、このあまりにも時間の流れの違いを実感して、「そのまま移住したい」という方も多いようです。

ホテルでゆっくりしたり、海でボーッとしたり、パワースポットめぐりをしたりと、のんびりと言ってもさまざまな過ごし方があります。

ここで紹介したことを参考に、ぜひ自分のスタイルに合った、のんびりプランを立ててみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする