スポンサーリンク

沖縄に花粉症は存在しないのか?その真実と理由を徹底調査

沖縄には花粉症がないって良く聞きますよね。

私は宮古島で生まれ育ち、東京へ出てきて10年以上経ちますが、花粉症とは無縁の生活を送っています。

ただ、東京に来て感じたことは、花粉症で苦しんでいる方がとにかく多い。

何度、「自分の目玉をとって洗いたい」と聞いたことか。。。

そういう方にとって、本当に沖縄に花粉がないのであれば、そこは天国ですよね?

実際のところ、その話は本当なのか、そして理由について、徹底調査しました!

・花粉症の原因や種類

花粉症とは、「季節性アレルギー性鼻炎」とも呼ばれ、植物の花粉が原因となってくしゃみや鼻水、目のかゆみなどのアレルギー症状を起こす病気です。

体内に入った花粉を排除しようとして体が反応するんですね。この反応自体は良いのですが、それが過剰になるとアレルギーとなります。

花粉が飛ぶ時期は、原因となる植物によって変わり、その種類はなんと60種類もあるとも言われています。

これらの中で代表格は以下の通り。

スギ・ヒノキ:2〜4月
シラカバ:4〜5月
イネ科(ススキ):5〜9月
ブタクサ:8〜9月

暖かくなる時期を皮切りに、寒くなる時期までずっと花粉が飛んでいることになりますね。

その中でも特にスギ花粉を原因とする花粉症の人数がここ数年で増加しています。

テレビでも連日、花粉特集を組んだり、天気予報と一緒に花粉情報も伝えていますよね。

ここまで花粉症が増えた理由としては、戦後、建築資材として成長の早いスギを国が積極的に植林を進めてきたから。

数十年の時を経てそのスギが花粉を付ける成木になりますが、それが毎年増加しているんですね。

現在のスギは9割以上が30年以上経っているので、ほとんどのスギが花粉を付けていることになります。

これらが多くの花粉を撒き散らしているわけです。

こういう結果になることは予想外だったのでしょうか。今では日本人の4人に1人がスギ花粉症に悩まされ、国民病とまで言われています。

この状況を受け、現在は、花粉が飛ばない品種や無花粉の品種などが開発されています。全体からするとまだ比率は小さいですが、徐々に新品種も植林されてきています。

つまり、花粉の量は現在がピークとなり、今後花粉症は現象していく傾向にあるということ。ただ、20〜30年後になってしまいますが。。。

・沖縄には花粉症がない?

さて、本題の沖縄についてですが、花粉症の主な原因となるスギやヒノキは、森林面積の0.3%しかありません。

これは、国が植林を進めていた時期に、アメリカ統治時代であったことと、そもそも台風が毎年やってくるため、スギやヒノキが大きく成長しないことが要因です。

つまり、沖縄にはほとんどスギやヒノキの花粉が飛んでいないんですね。

ただし、イネ科のススキやブタクサは存在していますので、その花粉は8〜9月には飛んでいます。

「沖縄には花粉症が存在しないのか?」の答えとしては、「スギやヒノキの花粉症はほぼ皆無だが、ススキやブタクサの花粉症はある」が正解です。

スギ花粉で悩まされている方にとってはまさに天国かもしれません。

沖縄に移住してきた方で一番良かったこととして、この「花粉症に悩まされなくなった」ということが常に挙げられますので、このメリットはとても大きいのでしょうね。

また、その時期だけ沖縄で過ごす。なんていう方も多いようです。暖かいし花粉も飛んでいないので、もし居場所に自由が効く方であれば、こういった過ごし方も良いですね。

もう一つ注意して欲しいことは、「アレルギー性鼻炎」という項目では全国調査だと花粉症がトップを占めていますが、沖縄ではハウスダストが占めているということです。

この要因は高温多湿といった気候がイエダニの生育に適しているのではないかと推測されています。

つまり、花粉では悩まされなくなっても、アレルギー体質であれば、もしかすると今度はこのダニに悩まされる可能性もなくはありません。

・北海道にも花粉はない?

それでは、沖縄とは反対側の北海道はどうでしょうか?

実は沖縄と同様、北海道にもスギ・ヒノキがほとんどありません。そして沖縄に存在するブタクサもありません。

そのため、スギ・ヒノキ・ブタクサ花粉症はないんですね。

ただ、北海道でにはシラカバがありますので、まったく花粉症がないとは言えないんですね。この飛散時期は4月からになります。

北海道にしろ、沖縄にしろ、スギ・ヒノキの影響はほとんど受けないものの、別のアレルギーの要因があるといったところですね。

以上、沖縄の花粉症についてでした。

戦後の政策や気候の影響で、土地によって花粉症に違いがあることが分かりました。

そして、沖縄にはスギ・ヒノキの花粉症はないと断言することができます。

2〜3月に猛威を奮っているスギ・ヒノキで苦しんでいる方は、その時期に沖縄へのプチ移住も検討してみると良いかもしれません。

もしくは、花粉避難という名目で数日だけ旅行するというのも良いですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする