宮古島での冬の服装は何を着れば良い?長袖ジャケットは必須

この記事は約 4 分で読めます。

宮古島の冬の服装

宮古島に移住、もしくは旅行する場合に、「冬の時期の服装は何を着るの?」「もしかして1年中半袖では?」なんて思ってしまいますよね。

ここでは、宮古島の冬の服装は何を着れば良いのか、詳しくまとめました。

スポンサーリンク

宮古島の冬は長袖を着ます

宮古島の冬に長袖は必須

宮古島は確かに「南の島」ですし、年から年中「半袖では?」と、そんな疑問が湧いてくるかと思います。

しかし、冬は寒い!です。

そのため、長袖もちゃんと(!)着ます。

ただ、厚手のコートは不要だったりしますので、どう寒いのかどの程度なのか、といったことを月の平均気温と一緒に見ていきましょう!

11月はギリギリ半袖

夏の終わり

平均気温 22.7度

9月〜10月は気温がまだ高いので、夏の終わりが長く続くような感じと思って良いでしょう。

11月になると、平均気温だけ見れば20度を超えているので、まだまだ暑いのでは?と思いがちですが、この辺りから「風」の質が変わってきます。

 
冷たい北風が吹き始め、その風速は5.4m/s。

10mで1度ごと体感温度は低くなるので、実際は5度ほど寒く感じます。

つまり、16〜17度くらいの体感温度になります。寒いですよね。

 
また、11月は学生の衣替えも始まりますので、街は長袖の服装が多くなります。

ただ、天気が良く太陽が出ていれば急に暑くなるので、ギリギリ半袖、かろうじて海にも入れるかな〜といったところです。

12月はたまに暑い日も

12月

平均気温 19.7度

12月は11月と比べると、平均気温は3度ほど低くなります。

この辺りになると、もう冬と言えます。

 
ただ、12月も急に暑くなる日があるので、「12月なのにこんなに暑いの!」と言ってしまう日が必ずあります。

ですので、本格的な衣替えというよりも、着脱しやすい「羽織る系の上着」が重宝されます。

1月が寒さのピーク

宮古島の冬はコタツも出します

平均気温 18.0度

宮古島にとって、1月が寒さのピークの月になります。

お正月にはコタツで丸くなってみかんも食べますし、寒い外の中、凧揚げもします。

曇りの日も多くなるので、日照時間も減ります。

 

具体的には、夏のピークである7月〜8月が230時間で、1月〜2月が84時間なので、約3分の1のしか太陽が出てきません。

 
この時期はいくら宮古島であっても、あの刺さるような日差しの太陽が恋しくなる季節です。

冷たい風がビュービュー吹いて、体感温度は13度ほどです。

しかし、学校には暖房の設備がない(!)ので、ブルブル震えながら授業を受けます。

2月も1月と同じくらいの寒さ

2月

平均気温 18.3度

2月は、平均気温、風速、風向、日照時間などどれをとっても1月とほぼ同じです。

たまに10度を切って白い息が出る時もあります。

このことは年に数日あるかないかのめったにないことなので、そのときはちょっと興奮します。

しかし、これ以上は気温は下がりませんので、宮古島では雪は降りません。

 

この2ヶ月を過ぎれば、また段々と暖かくなっていきます。

3月から暖かく

3月

平均気温 20.0度

3月からいよいよ夏に向けて少しずつ暖かくなっていきます。

まだ半袖とまでは行きませんが、だいぶ過ごしやすい月になります。

太陽の日照時間も増えてくるので、寒さ対策と紫外線対策で「薄手の長袖」がベストです。

海開きは4月なので、まだ海に入るには早いです。

 

スポンサーリンク

冬の小物は必要?

冬の小物は何が必要?

いわゆるマフラー、手袋、ブーツの冬の3大小物は、宮古島では不要です。

ただ、オシャレを楽しみたい方は街で着けている人もいます。

観光客よりも地元の若い人が多いのではないでしょうか。

 
私も、学生の頃は耳あてを着けたりなんかしてました。寒くて耳が痛くなる経験はしたことないのですが。

そして、マフラーや手袋なんかをしていると、暑くない?と必ず言われます。(笑)

 
小物であれば、暖かいファーの帽子や靴、厚手のストールなどが重宝されます。

小さいお子さんでしたら、袖なしのダウンベストがあれば、すぐに脱ぐこともできるので便利ですね。

冬用コートも不要

冬用コート

厚手のいわゆる「冬のコート」は宮古島では必要ありません。

流石に氷点下にはなりませんので、そこまでではないんですよね。

 
なんなら「薄手の春秋用のコート」も着けている人はあまりいないのではないでしょうか。長い丈の冬服はあまり見かけません。

私も東京に来てから人生で初めてコートを買いましたし、その時に初めて薄手(春秋用)、厚手(冬用)があることも知りました。

 
やはり、寒い時期が短いからか、コートというよりも室内でも着れるパーカー、ジャケット、ブルゾンといった丈の短いものが主流です。

宮古島での冬の服装まとめ

宮古島の冬を楽しもう!

以上、宮古島での冬の服装についてでした。

宮古島の冬は1月・2月と、長さにして2ヶ月〜3ヶ月くらいなので、短く感じますよね。

私が東京に来て感じたことは、夏が短いということ。

半袖を着ることができる時期が2ヶ月しかありません。宮古島とは逆なんだと実感しました。

 

そして、東京での11月くらいの服装が、宮古島の冬での服装としてベストです。

さすがに半袖は着れないけれども、手袋やマフラーをするほどでもない、といったところですね。

 
これらを参考にして、ぜひ宮古島での冬の服装をおしゃれに楽しんでください。

  
参考:気象庁ホームページより

  

たいらまこ

その日の天気にも左右されます

  
一覧 「宮古島に移住をする前に〜準備編〜」記事一覧に戻る

  

このページに掲載している情報は、時間の経過により変更になることがあります。
詳しくは「ご利用にあたって(特定商取引に基づく表記)」と「プライバシーポリシー」をご確認ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
たいらまこ

宮古島出身。
宮古高校卒業後、沖縄本島で6年過ごしたのち、東京に10年以上在住中。

沖縄を離れたからこそ分かる違いや魅力、そして移住のことについて、島を知り尽くした管理人がご案内します!詳しいプロフィール

シマリアルをフォローする

気候や自然
シマリアルをフォローする
シマリアル
タイトルとURLをコピーしました