宮古島に温泉はある?日帰りでの料金や家族風呂、効能など

この記事は約 4 分で読めます。

宮古島の温泉

宮古島には、温泉というイメージはありませんが、そもそもあるのでしょうか?

ここでは、代表する2つの温泉施設について詳しくまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

宮古島に温泉はある?

宮古島に温泉は「あります」。

なんだかイメージにないのでびっくりですよね。

実は、地元出身者である私も温泉があることを知りませんでした。(まず、温泉に入りに行くという習慣がありませんし。。。)

それもそのはず、宮古島に温泉施設ができたのはここ数年の話。

山がないので温泉なんてないのでは?

と勝手に思い込んでいましたが、調べてみたところ、『地面を1,000m以上掘って出た温度が25度以上の地下水』は、温泉の定義に当てはまります。

なので、宮古島に温泉地があってもおかしくないのですね。

 
それでは、宮古島での温泉と言えばこの施設、という2つをご紹介します。

宮古島温泉

その名も「宮古島温泉」。ネーミングが分かりやすいですね。

2012年に「宮古島温泉メディカルリゾート」としてオープンし、その後名前が変わりました。

地下1,500mの源泉を利用した天然温泉施設です。

「宮古島温泉ホテル」という名前の宿泊施設とも隣接していて、旅行の宿泊先として観光客にもとても人気です。

ここの最大のメリットは、宿泊する場合は何度でも入浴可能ということ。

温泉好きにはたまりませんね。

 
施設も、大浴場あり、露天風呂あり、大理石風呂あり、岩風呂あり、ヒノキ風呂あり、そしてサウナありと、温泉施設としては文句なしの作りになっています。

立地も市内の繁華街から少し離れたところにあるので、静かな場所でのんびりと温泉を楽しむことができます。

 
デメリットは、利用可能時間が短いこと。

11:00〜22:00(最終受付21:00)なので、朝早くから入ることはできません。

夜も21:00以降は入れませんので、夕食後すぐに入る必要があります。

 
また、注意事項は、月に一度定休日があるということ。

毎月第3水曜日が休館日となりますので、特に宿泊を検討している方は、その日にあたってしまわないように注意しましょう。

 
温泉ホテルの意外なメリットの一つとしては、「ベッドが快適」ということ。

なんでも、社長が海外から買い付けてきたベッドだそうで、まさに疲れをとりたい方にはピッタリのホテルです。

利用時間
11:00〜22:00(最終受付21時)
第3水曜日は休館日

料金
一般利用 900円
宿泊の場合は、自由に利用できます。
駐車場無料

住所
宮古島市平良東仲宗根1753-137
向かいに「温泉リハビリ病院」があります。

泉質
ナトリウム塩化物温泉

効能
リウマチ、抗炎症、糖尿病、貧血、アレルギー、慢性皮膚病、
痙攣、鎮静、きりきず、やけど、虚弱児童、慢性婦人病

家族風呂
・予約制(1室2〜5名)
・1グループにつき、1,000円の部屋利用料
・利用時間は90分間。

 

スポンサーリンク

シギラ黄金温泉

続いての温泉施設は「シギラ黄金温泉」。

宮古島の南側にある100万坪のリゾート地、シギラリゾートの敷地内にあります。

こちらも地下1,250mの源泉を利用した天然温泉を使用。

お湯の色が茶色ということから、名前に「黄金」と名付けられています。

ここはリゾート地ということだけあって、エンターテインメント性が高い温泉施設。

露天風呂や展望風呂があり、南の島の植物に囲まれながら、遠くに見える海や、落ちてきそうな星空を楽しむことができます。

 
また、ここの最大のポイントは「ジャングルプール」。

水着で入る大きな温泉プールで、家族でワイワイと楽しむことができます。

デメリットは、「宮古島温泉」と同じく利用時間が短いこと。午前中は入浴することができません。

 
また、料金も1,500円と安くはなく、再入場も不可となっています。

利用時間
12:00〜22:00(最終受付21:30)

料金
一般利用 1,500円
宿泊の場合は、1,350円。再入場不可。
駐車場無料

住所
宮古島市上野新里1405-223

泉質
ナトリウム塩化物温泉

効能
きりきず、末梢循環障害、冷え性、うつ病、皮膚乾燥症

家族風呂(プライベートルーム)
・予約制
・4,320円〜32,400円
・利用時間は90分間〜5時間半

宮古島の温泉まとめ

以上、宮古島の温泉についてでした。

地元出身者からすると、そもそも温泉に入る習慣がないので、需要あるのかな?と思ってしまいます。

しかし、旅行=温泉というイメージがあるので、温泉好きの観光客の方にとっては良いかもしれませんね。

 
温泉そのものをたっぷり味わいたい方は、安くて何度でも入れる温泉ホテル。

リゾート感を味わいたい方は、シギラ黄金温泉がオススメです。

特に、旅行で冬のシーズンを選んだ結果、思ったよりも寒くて海に泳げない場合は、シギラリゾートの温泉プールに行くのも手ですね。

南国の植物の中で泳げるので、「南の島で泳ぐこと」が実現できます。

 
ぜひ、これらのことを参考に、南の島の温泉をたっぷり堪能してください。

  
この記事をチェックした人はこんな記事もチェックしています。
関連沖縄ではお風呂に入る習慣がない?その理由は気候と歴史にあり

  

このページに掲載している情報は、時間の経過により変更になることがあります。
詳しくは「ご利用にあたって(特定商取引に基づく表記)」と「プライバシーポリシー」をご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました