宮古島から飛行機が発着している数は?台風の時はどうなる?

この記事は約 6 分で読めます。

宮古島の場所は、沖縄本島から南西に約300Kmの位置にあり、そこへ行くための交通手段は、現在、飛行機でのみとなっています。

旅客用フェリーは2008年に停止となりました。(貨物船は運航しています。)

どのくらいの飛行機が発着しているのか、また、台風の時はどうなるのか気になりますよね。

そこで、費用や航空会社のことについてもあわせて、詳しくまとめました。

スポンサーリンク

宮古島からの飛行機

まず、宮古島から発着している便の数や種類について。

これは、とある1日の出発便の例です。

那覇着 15便
石垣着 3便
多良間着 2便
東京着 2便
関西着 1便
名古屋着 1便

(参考:2017年7月 宮古毎日新聞)

合計24便です。到着便も同じ数だけあるので、それも合わせると、2倍の48便。

1日48回も宮古島から飛行機が離着陸しているんですね。

この便の数を見ると、いかに沖縄本島の那覇との往復便が多いかが分かります。

朝の7時半から夜の20時半頃まで、1時間に2〜3回のペースで離着陸しています。それほど需要が多いということなのでしょうね。

便数だけで見ると、いつでも行けるという感覚になります。実際は運賃を安くするため、早割が一般的なのですが。

航空会社

就航している航空会社は、多い順にJTA(日本トランスオーシャン航空)、ANA(全日本空輸)、RAC(琉球エアーコミューター)の3社。

どの航空会社もすべて片道の普通運賃は19,600円なので、運賃の差はありません。
 

沖縄県外の方にとっては、聞きなれない会社名かと思いますが、JTAは、JAL(日本航空)グループにあたり、RACはそのJTAの子会社になります。

つまり、最近頭角を現しているLCCと呼ばれる格安航空会社という訳ではなく、大手航空会社の種類に分類されます。

そのため、運賃はあまり安くないんですね。(泣)

座席もそれほど差を感じませんので、あとは好みに別れると思います。マイルを貯めているなら同じ航空会社が良いですしね。
 

東京や大阪、名古屋といった日本の主要都市へも直行便が出ていますので、離島の中でも比較的アクセスの良い島になっています。
(名古屋の直行便は期間限定なので、就航していない時期もあります。)

福岡や札幌といった、他の主要都市からは、那覇を経由して行き来します。
 

スポンサーリンク

台風の場合

宮古島と言えば、切っても切れないのが台風です。

1年間に約4回のペースで必ずやってきますので、飛行機を利用する場合は注意が必要です。

台風時は、もちろん欠航になります。

その場合の航空会社の対応はどうなるのでしょうか?
 

以下は、JALで案内している文面です。

「悪天候(台風・大雪)や自然災害などにより、運航に影響が見込まれる便につきましては、手数料をいただかずに搭乗予定便の変更(振り替え)および払い戻しを承ります。」

つまり、台風で欠航になった場合は、次の日などに振り替えることができますので安心ですね。(ANAも同じです)

ただし、その時にかかった宿泊費や交通費、食費などは自己負担になります。

台風は事前に予測がつきますので、前の日には欠航が決定する場合が多いです。なので、なるべく早めに余裕を持った対策をとりましょう。

もし、欠航になってしまった後、すぐ直近の便にどうしても乗りたいという場合は、直接空港カウンターへ行って手続きをしてもらうことが一番確実です。

もちろん満席の場合が多いのですが、キャンセル待ちの番号を発行してもらい、空港で待機しましょう。
 

台風のピークの月は8月と9月。ちょうどハイシーズンの時と重なるので、もし旅行の時は一か八かの運にもかかっています。

そのシーズンを外して計画を立てるのも、一つの対策になりますね。

また、台風直撃時に遭遇してしまったら、それを悲観せずに楽しむことも大切です。

今は建物が崩壊したりなどの被害はほとんどありませんし、巨大な台風を味わうことなんてそうそうありませんから、それもまた経験の一つになります。

建物の外に出るのは危険ですから、屋内で待機しつつも、その自然の脅威を肌で感じることができます。

まとめ

以上、宮古島の飛行機のことについてでした。
 

LCCが就航していないので、格安ではないものの、早割を利用すれば数千円に抑えられることも可能です。

特に、宮古ー那覇間は多くの便が離発着しているので、「時間を選べる」という利点があります。

なるべく台風の時期をずらせると良いのですが、それは数日前にならないと分からないので運次第。

台風が直撃した場合は、受け入れる心の余裕を忘れないことも大切です。

前々から予約していたのに、欠航になってしまった場合は、すみやかに払い戻しか振り替えを行いましょう。

振り替えをする場合は、数時間待つことも予想されます。
 

今はスマホなどでいくらでも時間が潰せるかもしれませんが、せっかくなら宮古島ならではの経験をしたほうが良いですよね。

実は、屋内で楽しめる場所もたくさんありますので、新たに計画を立ててみるると、また違った発見があるかもしれません。
 
 
あなたにオススメの記事
沖縄本島から宮古島までの距離はどのくらい?時間や費用は?