スポンサーリンク

宮古島での居酒屋の探し方。初めてでも安心なお店もご紹介!

宮古島での夜を楽しむなら、やっぱり居酒屋へ行くことは外せません。

美味しい地元料理を堪能することができますし、賑やかで楽しい雰囲気を味わうことができます。

お酒が好きな土地柄も相まってか、宮古島には居酒屋がたくさんあります。

あまりに多すぎて、どれにしようか迷ってしまうほど。

ここでは、お店の探し方を始め、初めてでも安心なおすすめ居酒屋をご紹介します。

・お店の探し方

まず、宮古島には「島のガイドブック」が存在していて、その内容も充実しています。ホットペッパーのような無料情報誌ですね。

そこには、マリンレジャー、サロン、ショッピング、カフェなどのショップが細かく紹介されていて、その中に居酒屋のコーナーもあります。

もちろん宣伝のためにお店側も掲載していますから、その数や種類も豊富なので、その中から選別していくことが得策です。

私が学生の頃(約20年前)には、このようなガイドブックは存在していなかったのですが、現在は3社ほどが毎月出版していてとても便利になりました。情報もその都度アップデートされています。

置いてある場所も、空港、レンタカーショップ、ホテル、コンビニ、スーパーと網羅していますので、容易に手に入れることができます。

「観光客しか見ないんでしょ?」と思いがちですが、宮古島の情報源として、地元の方も毎月出版されるのを楽しみにしています。

私も帰省したら必ず目を通します。どういう新しいお店が出来たか、今は何が流行っているのか、一目瞭然です。

最近やたらと目にするのは、「宮古牛」。

ここ数年でブランド化され、人気もあるので、どのお店でも推しています。

そういったことが俯瞰的にも分かるので、居酒屋を探す場合は、このガイドブックを利用することをおすすめします。

・居酒屋の特徴

宮古島の居酒屋の特徴としては、そのほとんどが市街地に集中していること。

特に「西里大通り」は宮古島のメインストリートで、道幅が狭いのですがかなりの数の居酒屋がひしめき合っています。

そして、たいていの居酒屋は郷土料理を食べることができますし、オリオンビールも置いてあります。

また、全国に有名な大手居酒屋チェーン店はほとんどありません。

例えば、ワタミ系列、白木屋などのモンテローザ系列、かまどかや土間土間などのレインズインターナショナル系列など。

こういったお店がないのは寂しさもありますが、飲み屋街に行くと、画一化されていないオリジナルに富んだ居酒屋が多いという印象を受けると思います。

それではここからは、そんな数ある宮古島の居酒屋の中から厳選したおすすめのお店をご紹介します。

・さんご家

宮古島の平良市街のまさに中心にある居酒屋。

先ほども述べた西里大通りに面していて、赤瓦と大きな「さんご家」という看板文字が目に止まりますので、迷うことなく行けることができます。

ここのお店の特徴は、メニューのほとんどが358円(税込386円)ということ。だからお店の名前が「さんごや」です。

オリオンビールにサラダにお刺身、もずく酢にタコライスにデザートまで。

358円ではありませんが、ぐるくんの唐揚げやラフテー、チャンプルー系もあり、宮古牛の炭火焼きや鉄板焼きまでありメニューは満足の豊富さです。

座席数は、なんと170席と大きな居酒屋で、ワイワイしている雰囲気ですが内装もオシャレで意外と落ち着くことができます。

このお店が出来たばかりのときは、この「358円」という安さと店名のネーミングの覚えやすさで、一気に口コミで広がったことを覚えています。

と同時に、安すぎてすぐに潰れてしまうんじゃないか、とも思ってしまいましたが、現在でも人気なのでいらぬ心配でしたね。

宮古島に観光に行ったというブログで良く見かけるのがこのお店で、「たくさん地元料理が食べられて、この値段はお得」というコメントが多いので、観光客にとっても満足度が高いようです。

飲み放題もあるし、個室もあリ、一人飲みでも子供連れでも大丈夫といった、どんなお客さんのニーズにも応えてくれるお店です。

味・接客・値段・利便性、すべてバランスのとれた良い居酒屋だと思いますので、初めてでどこに行ったらよいか分からないという方にはこのお店をおすすめします。

・まとめ

以上、宮古島の居酒屋についてでした。

一人でゆっくり飲みたいのか、子連れでも大丈夫なのか、もしくは団体なのか、味にこだわりたいのか、さまざまな要望があると思います。

ここでは、初めてでも安心なお店をご紹介しましたが、他にも本当に選びきれないほどありますので、必ず満足行くお店はあるはずです。

それを探し出すお手伝いをしてくれるのが「島のガイドブック」。じっくりゆっくり選ぶことができます。

人気のお店の場合、特にハイシーズンの時期は入れないこともありますので、電話をかけて空き状況の確認か予約をすることをおすすめします。

ぜひ、あなただけのお気に入りのお店を見つけてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする