宮古島市の合併前の市町村名は?住所を見ればすぐに分かる

宮古島市役所

沖縄県の宮古群島は大小8つの島からなります。

宮古島、池間島、大神島、伊良部島、下地島、来間島をあわせた6つが宮古島市、そして、残りの多良間島、水納島をあわせた2つが多良間村になります。

実は、「宮古島市」というのは、2005年に合併してできた市なんですね。

それでは元々の市町村名はどういう名前だったのでしょうか。詳しくまとめました。

スポンサーリンク

元々は5つの市町村だった

宮古島市は元々5つの市町村でした。

それは、平良市、下地町、上野村、城辺町、伊良部町の5つです。

それぞれの市町村の特徴は以下の通り。

平良市

平良市は、「ひららし」と読み、宮古島の北半分と、池間島と大神島を合わせた範囲でした。

名字や学校名は「たいら」と読むのになぜか地名だけは「ひらら」と読みます。

空港や大型病院、大型スーパーに学校、飲食店も多く、そして人口も集中していて、最も栄えている場所です。

私もここで生まれ育ちましたが、インフラも整っていて、自動車を走らせれば主要施設にすぐに行けるので、今思えばとても便利な街だったなぁと思います。

下地町

宮古島の南西部分と、来間島と合わせた範囲。

東洋一と評される与那覇前浜ビーチがあり、平良市から車で数十分で行くことができます。

また、来間島とは来間大橋で繋がっています。

やはり何と言っても一番の魅力は前浜ビーチですね。平良市内からすぐに行きやすいということから、週末のドライブコースでした。

上野村

宮古島の南部分。面積も一番小さいです。

上野ドイツ文化村、ユートピアファームなど観光スポットがいくつかあります。

また、シギラリゾートといって、ホテル、ビーチ、ゴルフ場、温泉、レジャー、レストランなどを網羅したリゾート施設が約100万坪の敷地に渡って建設されています。

オリックスの宿泊地となったホテルブリーズベイマリーナもここに入っています。

シュノーケリングをしてウミガメを見たり、星空観察ツアーに参加したり、夜は無料の花火を鑑賞できたりと、まるで南のディズニーランドと表現しても良いかも知れませんね。

城辺町

宮古島の南東部分。

東平安名崎が有名な場所で、展望台から見る景色は圧巻です。

ここは日本の都市公園百選にも選ばれているというほどで、何度訪れても感動します。

東側が太平洋、西側が東シナ海なので、違った海の表情を同時に見ることができるのもポイントです。

海と陸の境目が、なだらかな砂浜ではなく崖になっているので、少し自然の厳しさや恐怖みたいなものも感じることができます。

また、宮古島の最東端にあるので、雄大な朝日を鑑賞することができます。

東平安名崎以外にも、新城海岸や吉野海岸、インギャーマリンガーデンといった泳ぐことができるビーチが有名で、観光客も多く訪れています。

伊良部町

伊良部町は宮古島からちょうど西にある大きな島、伊良部島と下地島の2つをあわせた範囲でした。

2015年に伊良部大橋が開通したことで、気軽に行けるようになりましたが、その前までは船に乗らないと行けない場所でした。

ここは父母の実家があるので、小さい頃から何度も訪れていましたが、いつも船酔いしていたという記憶があります。(笑)

最近訪れたら、コテージ造りの高級ヴィラやおしゃれなカフェがたくさん出来ていて、また下地空港のすぐ隣の砂浜には水着姿の観光客がたくさんいたので驚きました。

ここは最西端にあるので、夕日鑑賞スポットとしても有名です。

スポンサーリンク

合併に関するあれこれ

住所を確認すればOK

さて、それぞれの元市町村ですが、現在の住所を確認すればすぐに分かります。

例えば、「平良市東仲宗根」だった住所は「宮古島市平良東仲宗根」、

「上野村宮国」だった住所は「宮古島市上野宮国」、

「伊良部町池間」だった住所は「宮古島市伊良部池間」と変更されています。

つまり、「宮古島市+元市町村名」となっているんですね。

なので、住所を確認すればすぐに、「あぁ元上野村ね。」と分かるのです。

宮古市は反対された

でもちょっとこの「宮古島市」という名称、少し違和感ありませんか?

お隣の石垣島は石垣市です。そう、「島」まではいらないんじゃないのかと。。。

当初は「宮古市」で確定していたのですが、すでに存在していた岩手県の宮古市から見直しを要請されました。

これを受け、住民へアンケートを実施したところ、「宮古島市」が約59%、「宮古市」が約40%という結果になったので、最終的に宮古島市に可決したという流れです。

確かに、元々その名前を使用している市から待ったがかかるのは、分からなくもないですね。

まとめ

誕生したばかりと思っていたらもう10年以上経つんですね。。。

最初は違和感しかありませんでしたが、もう今ではすっかり慣れ親しんでいます。

沖縄県平良市というよりも沖縄県宮古島市のほうが、対外的にもわかりやすいですしね。

最初は反対されたといった歴史を知ると、より一層宮古島市に愛着がわきます。

以上、宮古島市の合併前の市町村名についてでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする