宮古島でペーパードライバーは運転可能?レンタカーでも安心

宮古島で観光するためには、自動車が欠かせません。

普通自動車免許は持っているけれども、普段の生活は電車なので不安だ。という方もいらっしゃると思います。

ここでは、ペーパードライバーでも運転可能かどうかについてまとめました。

スポンサーリンク

宮古島ではペーパードライバーでも運転可能?

宮古島のペーパードライバー

宮古島ではペーパードライバーでも運転可能でしょうか?

答えはYes!です。

理由としては、まず道路が広くて周りを見渡しやすいということ。そして、走っている車が少ないということが挙げられます。

市街地はある程度車が走っていますが、渋滞というほど混みません。

また、道が分かりやすく、もし間違ったとしても何となくの方向さえ分かっていれば、目的地にたどり着くことができます。(私はいつもこのパターン)

私も普段は東京での電車移動がほとんどなので、自動車とは縁のない生活を送っています。

帰省するときはレンタカーを借りるのですが、数年に1度の頻度なのでまさにペーパードライバー。

最初こそ緊張しますが、慣れれば全然怖くありません。

なだらかな道をのんびりしながら早く移動できるので、自動車は欠かすことができません。

バスやタクシーといった移動手段も使えますが、ちょっと近くのコンビニまで行くことには使えませんよね。

また、歩きでの移動はあまり現実的ではありません。宮古島は意外に広く、そして強い紫外線に直接さらされることになるからです。

やはり、宮古島では自動車移動が一番適しています。

那覇と比較

那覇に数年間住んでいたことがありますが、やはり同じように車社会なので、自動車は欠かせません。

しかし、おそろしい渋滞があります。そのため、ちょっとした移動でも数十分かかることが日常的です。

大型バイクも多く、また時間帯によってはバスしか走れないバスレーン規制もあります。

3車線の場合、朝と夜で中央線が変わる場所もあります。

また、Yナンバーといって、米軍基地内専用ナンバープレードの車が大きな顔をして走っています。

事故を起こしてしまった場合、日本とアメリカの警察が来て色々と面倒な手続きがあります。昔ほどではありませんが、不利な条件を飲まされることもあります。

というように、那覇で運転するには色々とハードルが多く、ペーパードライバーにとっては難しいと感じます。

スポンサーリンク

宮古島で運転する場合の注意事項

宮古島は比較的運転しやすいのですが、やはりその中でもいくつか注意事項があります。

一方通行が多い

西里通り

まず、市街地、特に西里通りは一方通行になっています。昔からある商店街で道も狭くなっているので、通る時は注意が必要です。

西里通りは一番栄えている繁華街の通りと言われていますが、数分で通り抜けできるので、自動車での観光には適していないかもしれません。

また、昼は閑散としていて、夜になると賑やかになります。この辺りを見て回る場合は、夕方以降に近くの駐車場に止めて、歩いた方が良いですね。

宮古島全体を見ると広くて大きな道路が多いのですが、このように昔からの道路や住宅地に入ると入り組んでいて車が通りにくくなるので、用事がなければあまりそういった場所には入らないことをおすすめします。

ノロノロ運転に会うかも

たまにですが、農業用の大きなトラクターに出くわすことがあります。

時速20km?くらいでノロノロと走っていますので、追い越し禁止ではない所で抜いてしまいましょう。

一昔前までは荷物を引いているも荷馬にも遭遇することもありました。それはそれでワクワクしますけれども、現在はいないと思います。

単調すぎて注意が必要

市街地を離れると、単調な景色が続きます。ずーーっとさとうきび畑と空。

単調な中、いきなり信号のない交差点が現れたりするので、ぼーっとしないようにしましょう。

観光客が増えている

地元の人だけではなく、ここ最近では観光客が運転するレンタカーも増えています。また、日本人のみではなく、海外(中国や台湾など)からの観光客も増加しています。

つまり、あまり道を知らない運転者が増えているということです。

私も体験しましたが、前を走っていたレンタカーが急に車線変更をしたり、止まったりすることが多いので、この辺りも注意が必要です。

橋は特に注意

宮古島には伊良部大橋、来間大橋、池間大橋の3つの大きな橋がかかっていますので、観光にはこの橋を渡ることが欠かせません。

もちろんまっすぐなので、運転はしやすいのですが、左右に絶景の海が広がっているので、そこに気を取られすぎないことです。

また、禁止されているのですが、橋の道路の真ん中でインスタ映えを狙った写真を撮ろうとする観光客もいるので、より一層注意しながらの運転が必要です。

夜は怖い

夜の運転ですが、灯りが少ないので、ちょっと怖いです。

もちろんメインの道路には電灯が立てられていますが、視界も狭くなりますし、特に信号のない交差点も多いので、あまりスピードを出しすぎずに運転しましょう。

まとめ

以上、宮古島での運転事情でした。

交通量が少ないので、ペーパードライバーでも比較的すぐ道路に慣れると思います。

細かい注意事項もありますが、油断せずにきちんと運転していれば、別に大したことはありません。

安全運転を心掛けて、ぜひ楽しい宮古島ドライブを堪能してくださいね。

  

→ペーパードライバーにおすすめなドライブコースは来間島。「宮古島から来間島までの距離や行き方!見どころもチェック」の記事も参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする