スポンサーリンク

宮古島のパーントゥの時期はいつ?トラブル回避で制限付きへ

パーントゥとは、毎年宮古島のある地域で行われている悪霊払いを目的とした伝統的な行事です。

その内容は独特で、神様に扮した泥まみれのパーントゥが、逃げ惑う住民を追いかけ泥で塗りまくる、というもの。

子供にとっては恐怖でしかありませんよね。(笑)

しかもこの泥、臭いし数日間は落ちないんだとか。。。

そんな奇妙な行事である宮古島のパーントゥ、その時期や内容について詳しくまとめました。

・宮古島のパーントゥ

この行事が行われている地区は、島尻と野原の2箇所。

その中でも宮古島の北西部にある島尻地区で行われているパーントゥが有名で、毎年地元のニュースにも必ず取り上げられます。

パーントゥは、地元から選ばれた青年3人が、全身を泥にを塗り、草をまとい、仮面を着けます。その姿がなんとも恐ろしいと言いますか。

仮面は、ジブリ映画「千と千尋の神隠し」に出てくるカオナシに似ていて無表情、そして全身泥と葉っぱまみれで、まるで迷彩服のような色合いなのでそれも恐怖を増長させています。

その風貌で追いかけてくるのですから、トラウマものの恐怖ですよね。

なんとこの仮面、百数年前に海岸に流れ着いたものと言われています。いったいどこからでしょうか?

なんとなく石垣島のアンガマに似ている気もしますし、アフリカの仮面にも似ていますね。

また、このパーントゥは人だけではなく、家や車も標的です。

しかし、パーントゥは神様であり、泥を塗ってもらうことで悪霊が払われるので、新築の家や車内が泥まみれになっても大喜びなのです。

そんな大人たちと、それを理解できなくて逃げ惑う子供たちとで、笑い声と悲鳴が混ざったカオス状態が数時間続く行事です。

パーントゥの問題点

そんな様子を、毎年テレビのローカルニュースで見ていた私ですが、「絶対に行くもんか」という思いでしかありませんでした。

しかし、やはり面白そうなインパクトのあるイベントなので、興味本位で行く方もたくさんいらっしゃるんですね。

もちろんそのイベントに参加し、泥を塗ってもらって厄払いをしてもらうということには何ら問題はありません。

私の友達もたくさん参加しに行って、その武勇伝(?)も何度も聞いたことがあります。

ただ、宮古島内のクローズなイベントだったはずが、観光客が増えてしまったことで、見物客も大幅に増えてしまいました。

その結果、なんと「泥を塗られた」と苦情が出たり、パーントゥに抱きつかれたことで逆上し、暴力を振るう方まで出てきたというから呆れて物が言えません。

それだったら、私のようにテレビで見るだけで充分でしょう。と思ってしまいます。

なんでも、「ここまでとは思わなかった」ようなので、あくまでも参加ではなく見学という認識でその場に行ってしまったのが問題ですね。

もしくは、面白そうだから行ってみようと誘われ、何も知らずに行ったのかもしれません。

それでしたら、実際に線を引いて、ここから外には出ないようにするという境界線を作るしかありませんよね。

もしくはサファリパークのように、専用の車の中から見学するというシステムにするか。。。

パーントゥの時期は

日程の最終決定は、その地区の神職者によって決められます。

しかし、クレーム問題が起こってしまった結果、現在では開催日程を直前まで公表しないことになってしまいました。

ですので、『旧暦9月吉日』の2日間、午後5時からスタートということしか分かりません。

昔から代々続いている住民にとって大切な伝統文化を、不勉強な観光客のためになくなることは是非とも避けたいですね。

パーントゥに行くなら

それでもやっぱりパーントゥに行ってみたいという方は、すでに日程が決まっているであろう9月下旬辺りから情報収集を開始してみてください。

「直接問い合わせがあった場合のみ伝える」形式なので、宮古島観光協会に直接電話したり、知り合いがいれば島の人に聞いてみるのも良いですね。

過去の日程を見ると、10月5日〜10月11日あたりで開催されていますので、その辺りが狙い目です。

なお、参加する場合は、汚れても良いような格好にすることが必須条件です。当たり前ですが、お気に入りの服で行ってはだめですよ。

また、服だけではなく、カメラやかばん、携帯、靴なども泥まみれになる覚悟で行くことです。

対策としては、ビニール袋をかけておくことと。写真や映像を見ると、レインコートを着用している子供もいました。(笑)

着替えの服、タオル、そして大きなビニール袋(ゴミ袋)も持っていきましょう。

水で洗う場所もあるので、足元はビーチサンダルでも良いかもしれませんね。

そう、用意するものや服装に関しては、ビーチに行くような感覚に近いと思います。

・まとめ

パーントゥは「見学型」ではなく「参加型」の行事なので、私のように見てみたいけど泥は塗られたくないという方は、行かないという選択をすることが得策です。

今は映像をすぐに見ることができる時代なので、それだけでも充分に楽しむことができます。

もし参加する場合は、大切な地域の伝統文化を壊さないためにも、心の準備と着替えの服は忘れずに。

そしてたくさんの厄除けをしてもらってくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする